追記コードはプラグインで管理しよう

Wordpress//
  1. ホーム
  2. Wordpress
  3. 追記コードはプラグインで管理しよう

最近のWordpressは高性能化しており、素人が簡単にあれこれカスタマイズを行うのが難しくなってきています。
テーマ自身が推奨していない限り」、子テーマを作成して管理したり、直接PHPファイルに書き込んだりする事は非推奨となってきています。

また、最近では「functions.php」へ直接追記するよりも「別の手法での管理」が望ましくなってきています。

プラグイン化について

プラグイン化するメリット・デメリット

プラグイン化することにより、テーマの更新がかかっても消えることが無くなります。
また、上述の子テーマ管理等といったある程度専門の知識も要らず管理が可能になります。

Code Snippets を利用する

本プラグインは、通常「functions.php」に記述する内容を、本プラグインでわかりやすく管理できます。

  • 記述するコード毎に管理できる
  • コードを適用する範囲をコード毎に選択できる
  • インポートエクスポートが簡単にできる
  • エラーが発生している場合、発生している内容を教えてくれる。

といったメリットがあります。
多数のコードを追記する場合や、後述のオリジナルプラグインを作るにあたりセキュリティー的にもスキル的にも心配がある場合等といった場合にお勧めです。
デメリットとしては、管理画面に入れなくなった時の修正が若干めんどくさい位でしょうか。

導入方法

  1. 管理画面内プラグインの新規追加で「Code Snippets」を入力します。
  1. 「今すぐインストールを実行」し、「有効化」を行います。
  2. 「管理画面」に「Snipperts」が追加されていることを確認します。

コードの追加方法

  1. 「管理画面」>「Snippers」>「Add New」を選択します。
  2. 新規追加画面が表示されますので、まずは「Enter title here」の部分に、管理するコードの題名を入力します。
  1. 「Code」部分に「functions.php」に記述する内容を記載します。
実際の内容から一部書き換えています。
  1. 実行形態を選択します。
  • Run snippet everywhere (管理画面とサイト上で実行)
  • Only run in administration area (管理画面で実行)
  • Only run on site front-end (サイト上で実行)
  • Only run once (1度だけ実行)
  • Priority (実行の優先順位 通常は10でよろしいと思います。)
  1. 「Description」と「Tag」を入力します。(任意です)

Save Changes and Active」をクリックします。
※記述のみで有効化しない場合は「Save Changes」をクリックします。

コードの管理・確認

「管理画面」>「Snipperts」>「All Snipperts」を選択します。
一覧画面が表示されますので、「有効無効の管理」や「エクスポート」や「削除」等はこちらから実施します。

青く反転されている項目は「有効」になっている項目です。

参考サイト

エクスポート方法や、コードにエラーが出て管理画面には入れなくなった場合の対応方法等、詳細に下記のサイト様が説明されています。

オリジナルプラグインを作成する

もう一つの方法として、オリジナルのプラグインを作成して利用する方法があります。
それほど追記の量も多くなく、シンプルに管理したい場合はこちらがよろしいかと思います。

  1. パソコン上で、任意の名前のフォルダーを作成します。(英数小文字、ハイフン)
  2. 「1」のフォルダー内に新規でファイルを作成します。
    ※拡張子はphp、ファイル名は英数小文字とハイフンを利用可能です。
    ※文字コードと改行コードはサーバーによって変わるかな?
  3. 「2」で作成したファイルを開き、まず「プラグインの説明」を記載します。
<?php
/*
Plugin Name: (プラグインの名前)
Plugin URI: (プラグインの説明と更新を示すページの URI)
Description: (プラグインの短い説明)
Version: (プラグインのバージョン番号。例: 1.0)
Author: (プラグイン作者の名前)
Author URI: (プラグイン作者の URI)
License: (ライセンス名の「スラッグ」 例: GPL2)
*/
?>

オリジナルの場合は以下のみでも可

<?php
/*
Plugin Name: (プラグインの名前)
*/
?>
  1. 次にコードを記載します。(以下例)
<?php
/*
Plugin Name: Original Plugin for exsample
*/

//ヘッダーにプリロード追加
function link_preload_webfont() {
echo '<link rel="preload" href="https://exsample.com/foobox.woff" as="font" type="font/woff2" crossorigin>'."\n";
}
add_action('nishiki_pro_meta','link_preload_webfont');
?>
  1. 作成したファイルをで保存し、「1」で作成したフォルダー毎、ZIPで圧縮をします。
  2. 「管理画面」>「新規追加」>「プラグインのアップロード」でZIP圧縮したファイルをアップロードします。
  1. 「管理画面」の「プラグイン一覧」に表示されますので、「有効化」して完了です。

コードの編集は「管理画面」>「プラグイン」>「プラグインエディター」から行うか、ファイルを上書きアップロードします。
※編集の際は安全のため一度プラグインを停止してから編集してくださいね。

参考サイト様

注意点

これは、プラグインを利用する問わずなのですが、間違えたコードを記載すると、Wordpress自体が動かなくなる可能性があります。
「factions.php」に書こうと思うような方は対処は可能かと思いますが、コードの記述には十分注意してください。

ちなみに、本サイトでは「オリジナルプラグイン」の方で管理しています。