CLIP STUDIO PAINT for iPad

Illustration Note/
  1. ホーム
  2. Illustration Note
  3. CLIP STUDIO PAINT for iPad

先日iPad Pro をラフ&落書き目的で購入し、ProCreateとCLIP STUDIO PAINT で迷っておりましたが、しばらくメインのソフトは「CLIP STUDIO PAINT」でいこうと思います。

(サンプルに出ている制作途中のイラストはCLIPSTUDIO Pro iPad版で描き始めたものです。)

CLIP STUDIO PAINT の基本的な設定

UI周り

11インチでの利用のため、極力UIは出さない状態でキャンバスを広く確保しています。

私自身あまりブラシを多用しないのと、線画以降はパソコンで描くため、必要最低限のUIになっています。

基本は画面上部のコマンドバーで操作し、ブラシ種類の変更などは、右部にあるクイックアクセス呼び出し。レイヤーやカラーの操作も右部にあるバーから呼び出しています。

設定周り

あまり大がかりな設定変更はしていません。

筆圧設定

少しだけ変えていますがデフォルトでもあまり問題はない気がします。

ゼスチャー設定

まず指シングルスワイプゼスチャーは「OFF」にしました。
ProCreateよりも反応が過敏らしく、ペンで描くときに手を画面に置いただけで反応してしまうケースが多発し、事故が多くなるのでもったいないですが・・・仕方が無いです

Apple Pencil2 設定

ペン軸ダブルクリックも思わぬところで暴発したり、逆に効きにくかったりしたので、「OFF」 にしちゃいました。

(元々、パソコン端末でもサイドメニュー・テールスイッチは利用していません。)

ファイルの同期方法

デバイスが増えたため、iPadとパソコン端末両方のデバイスで作業をしているイラストに関しては、CLIPSTUDIOの「クラウド同期」を利用しています。
iPad側での作業が終わり、パソコンのみになった場合は、CLIPSTUDIOの「クラウド同期」対象から外し、パソコン端末のローカル上のみに保存したファイルをDropBoxにて自動バックアップをしています。

その他

基本的な使い方

落書きミリペンや、鉛筆5混合等でざくざく気の向くままに描きだしています。
消しゴムはあまり使わず、基本指2本タップでの、やり直しで対応しています。

ラフの段階ではあまりレイヤーは使わないのですが、「下のレイヤーに転写」をするケースがあるので、そういった必要最小限の機能はコマンドバーに集約しています。

今のところ、塗りは完全にパソコンでの作業の為、それほど煩雑なレイヤーやカラー操作、ブラシの切り替えが必要ないからこそここまでシンプルに出来るのかなと感じています。

ただ、今後はもうすこしざっくりと線画に頼り切らない塗りなどをしていきたいので、そうしたら塗りまでいけちゃうかもしれません。
(1年後にこの記事を自分で見返してどれくらい変化があるか楽しみでもあります。)

決済方法

私自身、パソコン版のCLIP STUDIO PAINT PRO / EX 二つアカウントを持っているので、最安値であるPRO版2,400円(年一括)にしようと思っています。
現状は無料お試し期間中なので、直前に解約して契約し直しという感じでしょうか。

二つ不満点と要望的な物があり、上述のライセンス所持優待はEX持ちだとEXしか対応していないこと。
(漫画や複数ページ管理はさすがにiPadで行わないので、PROで十分)

あとは、「GOLD会員の一部機能ほしいなぁ」と思います。せめてClippy無期限&GOLD無期限。