Cintiq Pro 16 使用感 1

2017年12月14日

Cintiq Pro 16 が届いたので早速 Cintiq 13HDから交換して試してみました。
ワクワクが…止まりません!
まだ数時間しか利用していませんが、最初に触った純粋な感想を書いて見たいと思います。

 

総評

現在21UX最終型(DTK2100)以降をお持ちの方で、特に不自由していない場合は、様子見でいいかもしれません。

逆に21UXの最終型以前の方や新規で液晶ペンタブレットをお探しで予算が許すのであれば、選択肢としては最適に近いんじゃないかなと思います。

 

ここが ◎

  • 8192筆圧解像度の素晴らしさ、より自然に描けるようになりました。
  • キャンパス解像度が丁度良い大きさで扱いやすいと思います。
  • 再現色が13HDに比べて格段に良くなり、趣味であれば色チェック用モニターはいらない気もします。

ここが×

  • 4K接続ができる機種が少ない(2Kでも十分すぎる綺麗さですが…)
  • タッチ機能が不安定。(SAI2がクラッシュします。要システム再起動)
  • スタンド角度が浅く、腰と首を痛めます。(現時点で純正品がない…)

 

描き味について

まだ数時間しか試していないのですが、気になった点も幾つか。

まず筆圧解像度はすぐ体感出来るくらい自然になっています。
非常に心地よく線を引く事が出来る様になっています。

反面、13HDと比べて気になっているのが、2点あります。

まず「追従性が遅い」。
速度早めに引いた線に対して、半テンポくらい遅れてカーソルがついてくるイメージです。

次に「入りがもたつくように見える。
これはブラシ特有のせいかもしれませんが、先のひきはじめに引っかかりというかもたつく感じがします。
自然にスーッと引けるかんじではなく、最初に意識してトンッとおいてから引く(和筆みたいな感じ?)感覚です。

最後に全体的に筆圧が必要な気がします。(気の所為かも?)

 

接続について

Windowsでは、推奨のUSB TYPE-Cでの接続が出来る機種はほぼありません。

必然的に、USB TYPE-C以外の接続(Wacom LINK)で利用する形になります。
こちらも、接続自体は簡単なのですが、ケーブルが硬く13HDに比べて綺麗に纏まりません。

USB TYPE-C以外の接続でも4K接続出来る報告はありますが…まず、付属のDPケーブルが4K対応ではないとの事(笑)
miniDisplayPortを備えてる端末も少ないと思いますので、別途購入する必要がありますが、4K出力できるか否かは、実際に繋いでみないと分かりません。
(私のパソコンもカタログ上は4K対応でしたが、出ませんでした。)

 

画面表示について

2K表示ですが、非常に綺麗です。ぼやけも全く気になりません。
(逆に私個人的には4Kいらないから2Kパネルで出してほしいという気もします)

ちなみに、Refeia先生レビュー記事にもある通り、シャープネスを1段階アップしています。

視差及びカーソルズレは13HDよりもかなり少なくなっています。
0ではありませんが、ストレスを全く感じない程度には良くなっています。

15.6型という大きさも丁度良く、13HDよりも作業効率が格段に上がります。

 

発色について

AdobeRGB 94%は流石に綺麗です。
sRGBに変更して利用していますが、色味チェックモニターは必要ないと感じるくらい綺麗です。
(私が雑というのもあります…笑 )

 

タッチ機能について

今のところ不便さが際立っています。
(しっかり設定をすれば便利なのでしょうが…)

  • OFFにしてもいつの間にか?ONになっています。
  • 気をつけないとフォーカスがすぐにペイントソフトから外れてしまいます。
  • 余計なところをクリックや描画してしまいます。
  • 再現性のある挙動でペイントソフト(SAI2)がクラッシュします。
    (システムの再起動が必要になります。)
  • 液タブ側で利用する場合、メインパネルに設定する必要があります。
    (4k出力の条件でもあるみたいです。)

使いこなせると確実に利便性は上がると思うので、もう少し調整してみて、それでもだめならばOFFでの利用になると思います。

 

スタンドについて

最大傾斜20度というのが浅すぎます。首と腰を痛めます。
せめて13HD程度の程度のものでいいのでスタンドをつけてほしかった。

この点は13HDスタンドが利用できたという書き込みがあったので、13HDスタンドを利用してみるつもりでいます。
(サイズの問題から下に厚みをもたせる必要はありそうです。)

若しくは、手持ちのノートPCクーラーを試してみたいと思います。

 

最後に

私個人としては…

買う前の私がいたら「いや17万だして快調な13HDから変更する必要はないよ」となだめていたと思います(笑
確実に進化はしているのですが、「残念な部分」が非常に多い。

しかしながら、調整次第では解消出来そうな気配もあり、使い込むことによって「手放せない一品」、「今すぐに買い換えるべき一品」になる可能性は秘めていると思います。

また、ペンタブ及びビデオカードのドライバーは最新にしたものの、できればまっさらな環境で試したほうがよりわかりやすいとは思うので、10月17日予定の「Fall Creators Update」後に再インストールして見たいとは思います。